エイプリルフール企画のご案内です

ミスタードーナツ創業46年目の快挙 世界初、「しゃべるドーナツ」を開発! まずはオールドファッション型など人気3タイプを発売予定

image

株式会社ダスキン(本社:大阪府吹田市、社長:山村 輝治)が運営するミスタードーナツは、世界初の「しゃべるドーナツ」を開発いたしました。 近年、一人暮らし世帯の増加やスマートフォンなどデジタルツール普及によりコミュニケーション量の減少が社会問題となっております。この問題を深刻にとらえた当社は、皆様にご愛顧いただいているドーナツが会話の相手やコミュニケーションツールになるのではないかと考え、ダスキン本社近くの研究施設内で商品開発に着手しておりました。そして、このたび長年の研究開発を経て、完成に至った次第です。 「しゃべるドーナツ」は3タイプあり、価格はそれぞれ1,072万円(税込)です。ミスタードーナツ全店(一部店舗を除く)で2016年中の発売を予定しております。

「しゃべるドーナツ」概要

●製品名 「しゃべるドーナツ」 3タイプ
(オールドファッション型、フレンチクルーラー型、ポン・デ・リング型)
●発売日 2016年中を予定
●対象ショップ ミスタードーナツ全店(一部店舗を除く)
●価格(税込) 各1,072万円 
  • オールドファッション型
  • フレンチクルーラー型
  • ポン・デ・リング型

商品開発背景

会話をする相手のいない一人暮らし世帯の増加

近年、一人暮らし世帯が増加しております。そもそも会話をする相手がいない一人暮らし世帯では、「しゃべるドーナツ」が会話の相手になるため、「しゃべるドーナツ」がコミュニケーション量増加に寄与すると考えました。

スマートフォンなどデジタルツール普及による、
コミュニケーションの減少

スマートフォンなど高機能なデジタルツールが普及したことにより、コミュニケーション量が減少しております。家族や友人、大切な人とドーナツを食べるとき、「しゃべるドーナツ」が「しゃべる」ことにより、会話のきっかけとなります。「しゃべるドーナツ」がコミュニケーションツールになると期待しました。

商品開発担当者からのコメント

「しゃべるドーナツ」開発にあたり、シンプルですが、非常に手間のかかる努力を積み重ねました。当社の商品開発担当チームが、毎日、「おはようございます」の挨拶に始まり、楽しい話や少し悲しい話、商品開発の苦労話まで、さまざまな言葉を投げかけ続け、「しゃべるドーナツ」と“会話”を地道に繰り返しました。ひとつの商品ごとに投げかけた“会話”の回数は1,072万回にも及びます。それにちなんで、価格も1,072万円とさせていただき、通常の商品よりも少々高くなっております。「1,072」は「ドーナツ」とも読めなくもない、ゴロの良い数字なので、採用させていただきました。

<ご注意>
最後までご覧頂きまして誠にありがとうございました。
こちらは、エイプリルフール企画となっており、実際には発売いたしません。
予めご了承ください。