そのおいしさをお客様にお届けするまでには、「からだに にじゅうまる」を掲げ、健康的な商品開発に取り組み始めたミスタードーナツと、「タニタ食堂」をはじめさまざまな「健康をつくる」商品・サービスを展開する健康総合企業タニタの試行錯誤がありました。
タニタ様は健康づくりに関する多くの知見をお持ちですし、既にさまざまな企業様ともコラボレーションされているので、共同開発が決まった時はミスタードーナツとして一緒にどんなドーナツを開発できるのか、期待でワクワクしていました。
昨今、なんらかの理由で、ドーナツを食べたいけど我慢しているというお客様も多くいらっしゃいます。
今回のタニタ様との共同開発商品を通じて、「私でも食べられるドーナツがある」と思っていただければうれしいですし、私たちミスタードーナツの「からだに にじゅうまる」の取り組みを知っていただくきっかけにもなればと思います。
私自身、子供の頃からドーナツが大好きで、以前からミスタードーナツ様は身近な存在だったので、共同開発が決まった時はうれしかったですね。
一方で、シンプルな素材の組み合わせであるドーナツをどのようなかたちで共同開発していくべきか不安もありました。“野菜”と“フルーツ”を組み合わせた今回のベジポップは、想定以上においしく、そしてかわいらしい商品に仕上がったのではないかと思っています。
開発に着手する際は商品コンセプトをタニタ様にいくつか提示させていただいたうえで、テーマを“野菜”に決めました。
まずドーナツ生地に使用するイメージカラーを決め、さらにイメージカラーから想起できる野菜やフルーツをいくつか挙げながら、どの野菜を生地に、どの野菜を仕上げのクリームに使うのか検討していきました。
最も大変だったのは味のメインとなるクリームです。
クリームに使用する野菜をおいしく、また食べやすくするためにどうしたらいいのか、両社で何度も議論と検討を繰り返し、フルーツと野菜の相性の良い組み合わせを見つけることができました。また、いちご、りんご、パインなど、酸味が強いフルーツを加えると野菜がより食べやすくなることもわかりました。
それから、クリームのベースをミスタードーナツで人気のエンゼルクリームにするか、豆乳ホイップにするかはかなり悩みましたよね?
そうなんです。
ミスタードーナツ様に何度も試作品をつくっていただき、検証しました。
最終的にエンゼルクリームよりもあっさりしていて、野菜と組み合わせた場合に味のバランスが取りやすいという点から、豆乳ホイップを採用しました。また、「豆乳」自体がヘルシーな食材ですので、お客様に商品のヘルシーさを感じていただきやすいものになったと思います。
クリームに配合する野菜と、生地に使用する野菜は、あえて異なる種類に分けました。これによって、さまざまな野菜のおいしさを感じていただけると思います。今までにない意外な組み合わせの妙を楽しんでいただきたいですね。
また今回は食べる量をコントロールできるよう、小ぶりで食べやすいサイズにしました。女性が「疲れた時に少しだけ甘いものを食べたい」「いろんな味を少しずつ楽しみたい」という気持ちに応えられるのではないかと思います。
また、フルーツの味を強めにしていますので、野菜が苦手なお子様にもおいしく召し上がっていただけると思います。
ベジポップのサイズやかたちは、見た目の楽しさはもちろんですが、1個あたりのカロリーを65キロカロリーに統一し、計算しやすくするためのものです。
20〜40代の女性の場合、1日に必要なエネルギーは約2,000キロカロリーと言われています。食事や運動とバランスを取りながら、「今日は食事の量が多かったから1個にしよう」「今日はたくさん動いてカロリーを消費したから2個食べよう」いうように、簡単にカロリーをコントロールすることができます。
カロリーを気にされる方も含めて、幅広い年齢層のお客様に野菜とフルーツのおいしさを、味わっていただきたいですね。
今回は“野菜”というテーマで開発をしましたが、タニタ様=カロリーというイメージの方も多いかと思います。次はテーマをカロリーに絞った商品開発にも着手してみたいですね。
ぜひ、またご一緒させていただきたいです。ミスタードーナツ様には今回のドーナツ以外にも、さまざまな世代に向けた幅広い商品ラインアップがあります。皆様に喜んでいただけるような商品を開発できたらと思っています。